虫歯・歯周病治療

なるべく削らない虫歯治療

どんなに強度な人工歯であっても、天然歯の強度には敵いません。そのため、年齢を重ねても美味しくお食事を楽しんでいただくためにも、ご自身の天然歯を守り続けていくことが大切なのです。しかし、虫歯になって一度歯を削ってしまうと、二度と元に戻ることはありません。そこで当院では、なるべく歯を削らない虫歯治療を行っています。細いドリルを使用することで虫歯部分だけを最小限に削っていくのです。
また、お薬となる麻酔はなるべく使用しないように心がけることで、削りすぎない虫歯治療をすることができます。もちろん、麻酔もしっかりとご用意しておりますので、痛みが苦手という方はお申し付けください。

歯周病とは?

歯周病とは、お口の中の汚れが歯周病菌となって炎症を引き起こすことで、歯を支える歯槽骨が徐々に破壊されていき、最終的には歯を失ってしまう病気です。現在、成人の約8割がかかっているとされている歯周病ですが、自覚症状なく進行していくため、気が付いた時にはすでに末期状態ということも。お口の中の病気というと虫歯という認識が高いかと思いますが、実は最も注意すべきは歯周病なのです。一般的に歯周病の検診は40歳以上とされていますが、それではすでに歯周病にかかってしまっている状態である可能性が高いのです。歯周病は長い年月をかけて進行していく病気ですから、早めに発見して進行しないように予防していくことが大切です。

歯周病の恐ろしさ【全身疾患との関係性】

歯周病の恐ろしさは、歯を失ってしまうことだけはありません。歯周病菌を放置してしまうと、糖尿病や動脈硬化、肺炎などの全身疾患を悪化させる可能性があるのです。また、女性の場合は妊娠期に歯周病を患っていると、早産や、低体重のまま生まれてくることもあります。このように、歯周病を放置してしまうと、将来的に全身の健康に大きな悪影響を及ぼすことも。
まずは、そんな歯周病の恐ろしさをより多くの患者さんにご理解いただくこと。そして、毎日のご自宅でのケアと歯科医院での定期的なクリーニングをお受けいただき、歯周病にならない口内環境をつくっていきましょう。

当院の歯周病治療

軽度歯周病治療

歯磨き指導

お口の中をキレイに保つためには、ご自宅でしっかりとケアをしていただくことが大切です。当院では、患者さんそれぞれのお口の中に合わせ、最適なブラッシング方法をご指導しております。また、磨きやすい歯ブラシの選び方もアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

中度歯周病の治療

スケーリング

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの隙間に付着している歯石は、毎日の歯磨きではなかなか取り切れません。そんな歯石を、スケーラーという専用の器具を使用して除去いたします。

ルートプレーニング

ルートプレーニングは、スケーリング後に行う、歯ぐきの奥にある歯石を除去して歯の表面をなめらかにする方法です。これによって、汚れが付着しにくくなります。

重度歯周病の治療

外科治療

重度の歯周病の場合、麻酔をして歯ぐきを切開し、溜まっている歯石や感染してしまった歯周組織を除去する外科治療を行います。

歯周病治療の流れ

【STEP1】検査

レントゲン撮影を行い、歯槽骨の状態や歯周ポケットの深さを確認し、歯周病の状態を検査します。

矢印
【STEP2】説明

患者さんご自身に歯周病の状態や治療方法をご説明いたします。歯周病の恐ろしさや治療の必要性もしっかりとお話しさせていただきます。

矢印
【STEP3】治療

軽度の場合は、歯磨き指導やスケーリングなどを行い、重度の場合には外科治療を進めていきます。歯磨きは、しっかり磨けるようになるまで丁寧にご指導させていただきます。

矢印
【STEP4】定期的なメンテナンス

歯周病が治った後は、再発しないようにしっかりとケアをしていただきます。毎日の歯磨きや定期的な検診を心がけましょう。

立川市歯科医師会 永沢歯科医院通信 歯医者ガイド