審美歯科

審美歯科とは?

「銀歯が気になる」、「歯の黄ばみが気になる」。そんな、歯の見た目に関するお悩みをお持ちの患者さんには、審美歯科をおすすめしています。お口元のコンプレックスを解消して、大きなお口で思いっきり笑えるようになりたい。そんな願いを叶える治療です。

当院では、気になる銀歯を白いセラミック歯に変える治療を行っています。周囲の歯やお口元と自然に馴染む色味・形に仕上げてまいります。自費診療はもちろん、保険診療内であっても部位によっては白い歯を実現できますので、銀歯にお悩みの方は是非ご相談ください。

セラミック治療の種類

当院では、なるべく保険診療内で白い人工歯を実現したいと考えていますが、材質上限界があります。そのため自費診療をご希望の患者さんにもお応えできるよう、セラミックの種類もご用意しております。

詰め物の種類

レジン

保険診療で作製できるプラスチック樹脂でできた詰め物です。セラミックに比べると変色しやすくなります。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜ合わせた詰め物です。強度が高く変色も少ないため、機能性にも審美性にも優れています。

かぶせ物の種類

オールセラミック

全体がセラミックでできたかぶせ物です。透明感のある白さで、天然歯に近い見た目です。強度にも優れています。

メタルボンド

金属の表面に白いセラミックを貼り付けたかぶせ物です。見た目は白く美しく、中身が金属のため高い強度があります。

立川市歯科医師会 永沢歯科医院通信 歯医者ガイド